WordPressのための独自ドメインを取得する方法【エックスサーバー編】

先輩に教えてもらう画像

ドメインとはインターネット上のホームページの住所のようなものです。独自ドメインは自分で好きな英数字を組み合わせて、ホームページの住所を取得できます。

独自ドメインを使うことで、サーバーやプロバイダを変更しても、そのサイトアドレスをそのまま使えることがメリットです。

本記事では、すでにエックスサーバーを利用開始している人が、エックスドメインで独自ドメインを取得する方法を解説します。

目次

エックスサーバーで独自ドメインを取得する

STEP
エックスサーバーのトップページから自分のXserverアカウントにログイン

エックスサーバーにアクセスして、Xseverアカウントをクリックし、ログインします。

自分で契約したアカウント情報を入力しましょう。

STEP
Xserver Domainにアクセス

管理画面トップページから「サービス一覧」→「Xserver Domain」をクリック。

STEP
Xserver Domainトップページから、「ドメイン取得」をクリック。
STEP
希望のドメインとTLDを入力&チェック

新規取得を選択し、空欄に希望のドメインを入力し、検索したいドメインのTLDにチェックを入れます。

ドメインは、一般的に半角英数字とハイフンが利用可能です。

英数字の後ろに付く、.com、.net、.xyz、.jpなどのことを、トップレベルドメイン(TLD)と言います。TLD によって以下のように取得時の価格が異なります。

TLD によっては、取得時はキャンペーンで安く取得できても、更新時に正規の価格になり結果的に割高になる場合があるので注意が必要です 。

一般的によく使われ、取得費用、更新費用が手ごろなのは.com もしくは.net です。この 2 種類でのドメイン取得をお勧めします。

STEP
取得するドメインを選択

ドメインのリストが表示され、取得可能なドメインには、右側に費用の表示と左側にチェックを入れることができます。他の方がすでに取得している場合は、右側に「取得できません」左側に選択不可能な×マークが表示されます。

希望するドメインにチェックを入れます。ネームサーバー初期設定は、「『エックスサーバ ー』を設定する」を選択して、「利用規約」と「個人情報の取り扱いについて」を確認し「同意する」にチェック。

「お申込内容の確認・料金のお支払いへ進む」をクリックします。

STEP
お支払い方法を選択

支払い方法は、クレジットカード、翌月後払い(コンビニ/銀行)、コンビニ支払い、銀行振込、ベイジーの5つの中から選べます。

今回はクレジットカードを例に解説します。

クレジットカードを選択し、「決算画面へ進む」をクリック。

STEP
クレジットカード情報を入力

クレジットカード情報を入力したら、「確認画面へ進む」をクリック。

STEP
独自ドメイン取得完了

取得したドメインは、エックスサーバーアカウントの管理画面のトップページ、ドメインとし て表示されます。

1年/永久無料ドメイン特典について

エックスサーバーのスタンダードプランでは、特典として 1 年無料のドメインがもらえるキャンペ ーンが実施されるときがあります。

キャンペーンにより異なる場合がありますが、1 年無料ドメインの特典対象ドメインでは下記のようなドメイン各種 1 つずつ 1 年間無料で提供されるというキャンペーンが実施され たりします。
.online / .space / .website / .site / .tech / .store / .osaka / .moe / .earth

ただし、1 年を過ぎると更新費用が掛かります。このようにドメインが指定されているので、 1 年無料ドメインでは、com、net といったドメインはもらえないこともあります。

また、エックスサーバーでは、時折、永久無料ドメインプレゼントキャンペーンを実施して います。永久無料ドメインプレゼントの対象ドメインでは、次のようなドメインいずれか一 つをプレゼントされるときがあり、契約サーバーを利用中のみ永久無料で利用できます。

.com / .net / .org / .info / .biz / .blog

利用しやすいドメインが揃っているので、もし、契約時にこういったキャンペーンが開催されているときは利用してみると良いでしょう。

まとめ

本記事では、インターネット上のホームページの住所のようなものであるドメインを、エックスサーバーを利用して独自に取得する方法を解説しました。

独自ドメインを使うことで、「サーバーやプロバイダを変更しても移行しやすい」、「信用性が上がり、SEO効果になる」、「URLが簡潔化・覚えやすい」などなど様々なメリットがありますので、大いに検討する価値はあります。

エックスサーバーを使っている方は、エックスドメインを使うと連携が簡単になり、とても便利になりますので、この記事を参考にしてぜひ利用してみてください。

目次
閉じる